美しい髪をサポートするヘアマガジン
「セルフヘアケア」

ミホレに副作用はあるの?成分から分析してみた

ミホレのリスク

こんにちは、飯森です。

ミホレは今までの育毛剤と違ってしっかりと髪を育むことができると話題だ。

けれども超が付くほど用心深い私はこう思った。

「何かやばい成分が使われているんじゃ・・・」

さすがに不安だったのでミホレの成分を調べてみて安全性を確かめることにした。

ミホレの成分を調べて副作用の危険性を判断してみた

結果から先に書くと、ミホレには以下の副作用の危険が指摘される成分が入っていなかった。

  • 防腐剤
  • シリコン
  • 合成色素
  • 界面活性剤

それぞれ詳しく説明する。

防腐剤が使われていない

ミホレにはパラベンなどのような防腐剤が一切使われていません。

なぜなら頭皮を健やかに保つためです。

防腐剤はアレルギー反応が出ることもあり皮膚に良くありません。

ミホレは防腐剤が使われていないのでアレルギーの心配が少なくなります。

(※必ず出ないわけではありません。)

シリコンが使われていない

実はシリコンには頭皮の毛穴を詰まらせる恐れがある。

当然毛穴が詰まってしまうと育毛剤の成分が浸透しづらくなってしまう。

ミホレにはシリコンが使われていないので、育毛剤を使うことによって毛穴を詰まらせる心配がない点は大きなメリットだ。

合成色素が使われていない

ミホレには合成色素が使われていません。

合成色素はタール色素と言った合成着色料のことだ。

合成色素は海外では使用が禁止されているぐらい人体には悪影響を及ぼすもの。

ミホレには合成色素が使われていないので健康被害の心配をすることなく使うことができる。

界面活性剤が使われていない

ミホレには界面活性剤が使われていない。

界面活性剤は皮膚に湿疹などを引き起こしてしまう可能性が指摘されている。

意外と安い化粧品などには未だに界面活性剤が使われているので注意が必要。

頭皮が荒れやすいと自覚している人は界面活性剤フリーの育毛剤を選ばないとできものができてしまいやすくなってしまう。

ミホレには副作用の心配はかなり少ない

色々と成分を調べてわかったのは育毛剤ミホレには副作用の心配をかなり軽減されて作られていることがわかった。

多くの人が安心安全に使えて、発毛促進できるようになっている。

頭皮環境の改善や頭皮の毛穴を詰まらせないように成分を厳選しているので、これだけ多くの人が発毛を実感しているのだと思う。

ミホレの安全性はかなり高いといえるので、副作用のリスクはかなり低いと判断した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました